Cheeeeers!!

ワインの製造

自宅でも出来るワインの製造方法

ワインは専用の酒蔵でしか製造することが出来ないと思われがちですが、日本において多くの家庭で昔から作られている梅酒などと同じように個人でも作ることが出来ます。
ワインを製造するには、原材料である葡萄と麻袋などの複数の道具が必要となります。
作りたいワインが、白の場合は、赤葡萄でも白葡萄でも大丈夫ですが、赤の場合には、赤葡萄を用意します。
赤と白では途中の製造方法が異なり、赤は、葡萄の皮や果汁、種などを全て使用しますが、白は、果汁のみを使用します。
甘味が少ない葡萄の場合は、果汁や皮を瓶に入れて発酵させる際に発酵が甘くなってしまうため、少量の砂糖を入れておくと安心です。
良い具合に発酵させるには、一週間ほどの期間が必要であり、赤の場合には、発酵期間中は一日に数回程度掻き混ぜます。
発酵中は、25度前後の室温に保っておく必要がありますが、発酵期間の終了後は、お湯に30分ほど浸けた後に冷蔵庫などの冷暗所に保存しておきます。

ワインの産地や製造地に行くことでより理解が深まる

ワインというお酒は世界中で愛飲されるとともに、世界中で製造されていて歴史も長く裾野も広い飲み物です。
ビールと比較するとより洗練された印象のするお酒です。
ワインに魅せられてビンテージものに多額の資産を投入する人もいますが、食事とともにそのおいしさを楽しむという人が大多数でしょう。
ソムリエというプロがいますが、素人でも味にうるさい人や詳しい人がいるのもワインが単なる飲み物ではなくて文化として定着している証拠かもしれません。
このお酒についてもっと詳しく知りたい、理解を深めたいと思ったら、産地や製造地に行くことをお勧めします。
ぶどう畑を見ることによって原料へのリスペクトも生まれるでしょうし、製造工程を見学することで改めてその味が生まれる不思議さと偉大さを感じることができるでしょう。
また、産地等に行くことによって販売店とのつながりが生まれ、直接取り寄せることができるなどのメリットが得られる可能性もあります。

最終更新日:2016/4/6

『ワイン 製造』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/q3y6fx15/gadgetorion.com/twitteroauth/tweet.php on line 136