Cheeeeers!!

ワインソムリエ

ワインのソムリエとは

ソムリエは、ワインやブランデーの味を確かめるためには欠かせない存在であり、全国にソムリエ協会が存在するほどメジャーな職業でもあります。
他の職業に比べると少ない職業ですが、ワイン評論家と言ってもいいほど舌に自慢のある人ばかりが集まって評価するために信用性があります。
その為に、店に出荷されているワインはソムリエなしでは完成することができない商品でもあります。
また、味は年代によって違ってくるために年代が古いほど熟成されているためにコクのある味わいを体験することができます。
舌と相談しながら行う職業でもあるために、舌は非常に重要なものとなってきます。
また、表現力も人にいかに伝わりやすいようにするかしなければならないために、注意しなければなりません。
あまり、人気のある職業とは言えませんが、レストランでお酒が置けるのは彼らのおかげでもあるために、密かに店を支えている存在でもあります。
また、誰でもなる事が出来る職業でもあるために目指してみると良いです。

ワインソムリエになるには

レストランに来店した客からの、ワインなどの相談にのってサービスを行う専門職をソムリエといいます。
このソムリエの資格を取得するためには資格試験を受ける必要があり、合格することで認定証とバッジをもらえます。
一度取得すると一生有効であり、転職をする際にも有利になります。
試験はまず一次試験として筆記を行い、その後二次試験としてテイスティングや実技を行います。
試験を受けるためには、調理などの仕事を飲食店で5年以上経験する必要です。
ワインだけでなく酒や飲料、食に関する全般の専門知識が求められます。
1次試験ではマークシート方式の試験を受けることになり、ワインの名前や造り方の問題を答えることになります。
2次試験ではテイスティングを行い、味わいなどのコメントをして産地や品種を当てる必要があります。
また試験管が客の役となり、目の前で抜栓しデキャンタージュをするサービス実技も合格しなければソムリエの資格は取得できません。

『ワイン ソムリエ』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/q3y6fx15/gadgetorion.com/twitteroauth/tweet.php on line 136