Cheeeeers!!

ワインに合うつまみ

ワインに適したつまみの選び方と味付けについて

ワインはブドウを原料にした果実酒の一種で、欧州では肉料理に不可欠なアルコール飲料として扱われています。
そのため、ワインを飲む際には動物性タンパク質を含む食品をつまみに用いることが多い傾向があります。
また、ワインは製法によって風味が大きく異なることから、それぞれに適した味付けのつまみを用意するように心がけます。
果実酒に用いるつまみは原料の果物の風味を引き立たせる物を選ぶことが大切ですが、個人の好みによって最適な一品が異なるので複数の食材を比較することがより美味しい一杯を楽しむための心得になります。
味付けによっては和食の食材が果実酒の風味を引き立たせることもあるので、自分で様々な食材を試すのも楽しみの一つです。
味付けを行う際は果実酒の風味を損なわないように強い刺激を持つ香辛料の量を控え、酸化による風味の劣化を防ぐために油の使用も少量に留めます。
また、食材によっては強い匂いを発生させる物もあるので、事前に処理を施すことで風味のバランスを保つことができます。

ワインに合うとっておきのつまみ

夕飯にはワインと好相性のつまみで、お酒を楽しみましょう。
ワインに合うつまみを手作りできると、家での食事が楽しくなります。
いくつか簡単にできるお酒に合う美味しいつまみを紹介します。
ます野菜を使ったレシピには、れんこんのカレーチーズ焼き、イタリアン焼きナス、ラタトゥイユなどがあります。
身近な野菜を使った料理は手作りしやすく、お酒ともよく合います。
次に魚介を使ったワインに合う料理には、白身魚のカルパッチョ、真凧とアンチョビのマリネ、焼きがきのジェのベーゼなどがあります。
また、チーズを使った料理も好相性です。
チーズは色々とアレンジが利く食材で、トマトにのせたり、はんぺんにはさんだりするだけで簡単に一品が作れる優れた食品です。
チーズの味をそのまま楽しむには、やはりチーズフォンデュがおすすめです。
家飲みをするときは、お酒に合う料理を何品か手作りすると、お酒の楽しみ方もぐーんと広がるのではないでしょうか。

『ワイン つまみ』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/q3y6fx15/gadgetorion.com/twitteroauth/tweet.php on line 136